WiMAXを契約する際のポイント

一口にWiMAXと言っても、実際に調べてみると、会社や契約プランによって様々に分けられ、検索エンジンには多くの候補が表示され悩んでしまうこともあります。では、どこで契約をすればよいか悩んだときは、何を基準に選択すればよいのでしょうか。

通信費まずは、WiMAXと他の通信サービスで悩んだ場合の比較ポイントです。
通信サービスには他にも、固定回線やモバイル回線など、いくつかの種類があります。
数ある通信サービスの中から自分にピッタリなものを探すには、まず、予算で比較します。
この場合、月額で比較してしまうと、工事費や初期費用が発生した時に変わってきてしまうので、一定期間使った場合の合計の金額をその期間で割って、月額として算出するのが良いでしょう。

次に、通信速度で比較します。例えば、動画視聴やビデオチャットを使用した打ち合わせや語学学習などを考えている人は、この通信速度が安定し速い方がおすすめです。

続いて、通信制限のボーダーを確認します。回線はそれぞれ、使える容量が予め決まっています。通信に負荷がかかりそうな場合は、制限のかかりにくい通信サービスを選びます。最後に使用する場所です。家でしか使用しないのか、外出先でも使用するかによって、最初は悩んでいたビジョンが定まります。

それから、契約プランや、プロバイダ、キャッシュバックなどのキャンペーンで比較し、自分にぴったりの通信サービスを選びましょう。


WiMAXの始め方

手軽で、便利に使うことが出来るWiMAXに興味を持った方も多いのではないでしょうか。それでは、実際にWiMAXを始めるにはどうしたらよいのでしょうか。

ルーターWiMAXを使うためにはまず、「ルーター」を入手するところから始めます。
ルーターとは、複数の通信機器でひとつのインターネット回線を共有したり、ファイルのやりとりをするために必要なIPアドレスを重複することなく割り振ったりするためのいわば中継地点のような役割をする機器です。
このルーターを入手するためには、直接販売している家電量販店などの店舗で契約をする方法と、インターネットなどで申し込む方法があります。

ルーターを入手したら、あとは自宅に帰って設定をするのみです。ルーターの契約をすると、ルーター本体の他にインターネットに接続するために使用するSIMカードも同梱されています。そのSIMカードをルーター本体に差し込みをするだけで、ルーターの設定は完了です。

続いて、通信機器側の設定をします。通信機器の設定画面から、機器の通信設定を選択し、契約したルーターを接続先として選択し、ルーター本体や同梱されているシールなどに書かれている指定のセキュリティキーを入力します。

ここまでで設定は完了で、セキュリティーキーの入力までが終わると、自動でインターネット回線に接続されます。この設定の簡単さも、WiMAXの魅力の一つです。


WiMAXのメリット

無線既にその便利さを紹介していますWi-MAXのメリットですが、その手軽さで動画再生やアプリのダウンロードも快適に行うことができる安定した通信速度もメリットの一つです。
モバイルインターネットとして課題だった安定した通信速度の確立は、持ち歩きができるという場所の不安定な面から難しいものとされてきました。
WiMAXは、開発の段階から目指されてきた中長距離エリアのカバーを実現し、対応のエリアを拡大することによって、場所の限定を減らし、安定した接続速度を確立したのです。

また、その設定の手軽さは、賃貸住宅やこだわりのインテリアを崩したくないなどネット工事ができずに回線を引くことができないでいた人にとってもメリットとなりました。有線のタイプと異なり、壁に穴を開けて線を通す必要がないため、簡単に自室でインターネットを楽しめるようになったのです。

また、このタイプの契約の中では比較的安価であることもメリットです。これだけ手軽でしっかりとした安定的な接続速度を持ちながら、この月額料金で使用できるというコストパフォーマンスの高さはWi-MAXの特徴です。

そして、Wi-MAXの特徴は通信速度だけではなく、その通信制限のかかりにくさも挙げられます。モバイルインターネットの気にかかる点の一つだった通信制限ですが、Wi-MAXは今現在も月間での通信制限がありません。数日単位での制限こそあるものの、その通信料もわたしたちがよく利用するメッセージの確認や動画鑑賞の量では簡単に超えるものではありません。


WiMAXとは

近年、職場でも自宅でも、通信機器を使用する機会は年を重ねるごとに増えてきていることと思います。今や調べ物をするにも、誰かと連絡を取るにも、空いた時間のお供にまで、スマートフォンやゲーム機を始めとした通信機器はなくてはならない存在になっています。それと同時によく耳にするようになった、通信技術の一つ、「WiMAX」を皆さんは知っているでしょうか。

WiMAXとは、Worldwide Interoperability for Microwave Accessの略称で、無線で行う通信技術の規格の一つです。
通信対応エリア開発当初、中長距離エリアをカバーする無線通信を目的としていたWiMAXはその「設定が簡単で、家でも外出先でも場所を選ばず手軽に、高速インターネット接続が可能」という特性から、人口が少ない地帯や、光・メタルなどの高速通信回線を敷説したりADSLなどの利用も困難な地域などで、最終工程としての接続手段として期待されています。
最終工程とは、通信事業者の最寄りの加入者局から私たちユーザーの建物までを指します。

このWiMAXの最大の特徴は、その手軽さです。無線の通信機器なので、家でも移出先でも対応しているエリア内であれば、場所を限ることなくモバイル回線を使用せずにインターネットを利用することができます。それに対して、事前の設定も簡単で、わかりやすいため、外で使用するためだけではなく、事前の接続準備を簡単に済ませたいという人にもおすすめできます。

また、無線通信機器の特徴であるワイヤレスですが、配線いらずですっきりと片づけることができる上に、一度に複数の機器を接続しても線が絡んだり場所を限られることがありません。